三毛猫とサテンの違い。

(1)カンブリックや更紗に加えて、粗いキャラコやサテンは綿100%の天然素材と見なされます。それらは実際には綿繊維で構成されており、生地の密度と品質は織り方によって異なります。キャリコとサテンは品質特性が異なります。

(2)(0)(3)(0)(4)内容(0)(0)(5)(6)(7)定義 (8) (9)比較 (10)(11)結論TheDifference.ru(12)定義(13)(14)サテン-二重織りの糸で作られた非常に緻密な綿織物。糸をねじるこの方法は、完成した生地の表面をサテンのように滑らかで光沢のあるものにします。これが「サテン」がフランス語から翻訳される方法です。その製造方法は19世紀の終わりにロシアに持ち込まれましたが、国産のサテンの最初のメートルがリリースされるずっと前に、生地自体が使用されていました。 (15)(16)(17)サテン (18)(19)キャラコ-太くて丈夫な糸をベースにした平織りの天然綿織物、よこ糸の場合-綿または合成素材の細い糸。この織り方により、生地の表面は丈夫で両面になり、生地自体は、天然繊維の密度が高く、必ずしも高含有量であるとは限りませんが、軽くて手触りが快適です。 (20)(21)(22)粗いカリコ (23)比較(24)粗いカリコは、糸の織り方だけでなく、その後の処理。サテンはさまざまな色に染められているか、生地に印刷されています。 (25)処理方法に応じた粗いカリコは、滑らかに染色され、印刷され、漂白され、または粗くなります。その色の多様性はサテンほど豊富ではありませんが、寝具や軽いアウターを製造するメーカーのニーズを完全に満たしています。 (26)重度の、または生の粗いキャラコは、布張りの家具、カーシート、および観光機器の布部分のクッションの破片を縫うために使用されます。強度と耐摩耗性が向上しているのが特徴です。スーツやコートの裏地は、伝統的に平織りの粗いキャラコから作られています。漂白された色の生地は、寝具、子供、夏服に最適です。粗いカリコで作られた製品は、しわが寄らず、簡単に洗え、元の品質を大きく変えることなく、最大300回の洗濯に耐えることができます。生地は通気性と吸湿性に優れています。 (27)サテンは寝具に最適な素材の1つです。光沢と滑らかさ、幅広い色、柔らかさは重要な品質であり、そのおかげでこの生地はリネンよりも好まれています。サテンの下着は天然物の一種で、見た目も形も長く保たれ、夏は涼しく、寒い季節は暖かくなります。 (28)粗いカリコには、最大25%のアクリルまたはその他の合成添加物を含めることができますが、サテンは100%天然の生地であり、現代の消費者から高く評価されています。 (29)結論TheDifference.ru (30)(31)サテンの製造方法は、中程度のステープルの綿から二重撚りの方法で得られる糸の密な織りの技術に基づいています。 。 Calicoは、特別な強度を与える太い糸をベースにした平織りの生地です。 (32)サテンは、通常の方法または印刷された方法で染色されます。加工の種類による粗いキャラコは、染色または未塗装が可能です。 (33)サテンには表と裏があります。 Calicoは両面生地なので、使い勝手が良くなっています。 (34)サテンの製造に二重織りの糸を使用しているため、この生地は光沢があり、絹のように滑らかです。 Calicoにはそのような特性はありません。 (35)サテンは、主にベッドリネンの縫製に使用されます。寝具は粗い三毛猫だけでなく、衣服や布張りの家具の破片からも縫い付けられています。。